【修理】ワケ有りのプロジェクタースクリーンを買ってきた

毎度ありやす。

今回は先日ハードオフで買ってきたプロジェクタースクリーン、キクチ(キクチ科学研究所)SBSR-80THGの紹介です。

SBSR-80THGはスプリング巻上げ式の80インチスクリーン(アスペクト比は4:3)になります。「消えないシミがあります。」という事で価格は3000円でした。

店内で確認させてもらった「消えないシミ」がそこまで酷くなく、まともに買うと諭吉が数人飛ぶので「100インチガー」とか「16:9ガー」とか変な欲は捨てて即買いしたわけですが、後日投影すると爆安の意味が分かりました(^^;

てなわけで仮設置。意外と重量があって下地は必須でした。

目立ったシワも無く、引き下げと巻き上げの動作確認は全く問題ありませんでした。正面からみるとこんな感じです。てかロングタイプだったんですね。

そして問題の箇所はこちら。
少しアップにします。

位置はこの辺にあります。

明るいところでみると気にならないんですが、光を当てると・・・

黒いのがいきなり出てきましたwww

はい、SBSR-80THGはビーズスクリーン(細かーいガラスビーズを吹き付けてあるやつ)だったのです。削れたところは当然反射率が落ちるので暗く(黒く)なるんですな・・・。ガラスビーズって時点で補修することは無理そう。品番が古すぎるためメーカーもサポート終了、と。さて、どうしましょうか。

(これより下の補修方法はメーカー非推奨です。自己責任でお願いしゃす。)

となれば移植(目立たない場所から綺麗な部分を切り取って差し替える)しかないですよね、接合は裏側からテープ貼ります。怖いけど・・・3000円だし、いっかwww

注視するとカット線が見えますが、映像を映すと分からなくなり成功!てか、もっと接合しやすい形(四角とか)で切れよ。

穴を開けてしまったスクリーンも同様の方法で直せるかもしれません。
まあ、結果オーライってことでw

スポンサーリンク
sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

テキストのコピーはできません。