【RBRPRO】 Windows10環境にRichard Burns Rally PROをインストールする

毎度ありやす。

Windows10環境にRichard Burns Rally PRO(RBRPRO)をインストールする方法です。
あ、DLファイルについては別記事『【RBRPro】Richard Burns Rally PRO(インストール編)』をご参照ください。

▼インストーラーをダブルクリック。

▼「詳細情報」をクリック。

▼「実行」をクリック。

▼言語設定をします。「Japanese」はありません。「English」で我慢しましょう。

▼ライセンス契約画面です。「I accept the agreement」を選択して「Next」をクリック。

▼インストール先を聞いてきますが、デフォルトの場所で良いと思います。「Next」をクリック。

▼Select Start Menu Folderの場所を聞いてきます。とりあえずデフォルトにします。「Next」をクリック。

▼デスクトップにショートカットを作るかどうかを聞いてきます。任意でどうぞ。

▼確認画面です。問題なければ「Install」をクリック。

▼しばらく待ちましょう。

▼インストールの途中でDirectXのセットアップ画面が出てきます(インストール環境によって出ないです)。「同意します」を選択して「次へ」をクリック。

▼どさくさに紛れてBingバーを入れようとします。チェックを外しましょう。

▼コンポーネントのインストール画面です。「次へ」をクリック。

▼DirectXのインストールが始まります。

▼DirectXのインストールが終わりました。「完了」をクリック。

▼DirectXのインストール画面を閉じると、「Microsoft Visual C++ 2005 Redistributable」がごちゃごちゃ言ってきますので「Yes」をクリック。

▼Microsoft Visual C++ 2005 Redistributableの設定が始まります。

▼ランタイムが既にインストールされている場合は、下記のような画面が表示されます。「Microsoft Visual C++ 2010 ×86 Redistributableを元の状態に修正します」を選択して「次へ」をクリック。フィードバックの箇所はチェックを外しました。

▼なんやかんやが完了しました。この辺は深く考えなくていいと思います。

▼そうこうしてる間にRBRPROのインストールが終わりました。やったね!

Windows10にRBRPROをインストール方法については以上です。
ランチャーの使い方については別記事をご参照ください。

<ついでにこちらの記事もどうぞ>
【RBRPro】Richard Burns Rally PRO(ランチャー編)
【RBRPro】Richard Burns Rally PRO(ルール編)

スポンサーリンク
sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

テキストのコピーはできません。