両面シリコン型とレジンでMini-Zボディを複製する(4)

さあ、(3)の続きといきましょう。いよいよ硬化したレジンを型から取り出します。湯口で固まった円錐形のレジンは邪魔なのでニッパーでパキッとやっちゃってください。

▼レジンが行ってない部分がありました。※赤丸
copj_01

▼ここにも。
copj_02

▼ここにも。
copj_03

▼ケツは守った。
copj_04

▼完全な形を求めた結果、そこには廃車工場が・・・(笑)
copj_05

失敗を繰り返すうちに10台目くらいで完全体の取り出しに成功しました。パテで何とかなりそうな物もたくさんできました。あんまりこだわると疲れるし(笑)。というわけで複製工程を大雑把にまとめてみました。今回が最終回です。結構簡単に出来るので興味がある方は挑戦してみてはいかがでしょうか(^-^)

<この後やったこと>
・バラバラにした小さなパーツも複製。
・悪魔を召喚(番外編へ
・圧力鍋と空気入れを利用した加圧脱泡器を作って全パーツ取直し。加圧最強(^q^)。
・パテ埋めやら下地作りやら
・塗装
・デカール作り

スポンサーリンク
sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. だいまさ より:

    初めまして。
    ボディの複製、楽しく拝見させていただきました。
    とてもわかりやすく、「自分でも出来るかも!!」なんて思ってしまうくらいです…^_^;
    是非、小さいパーツの複製工程も拝見させていただきたいです!
    よろしくお願いいたします(ー ー;)

    • アネロン より:

      だいまささん

      どもども~。コメントありがとうございます。
      AとかBとか最初は何か難しそうな感じがするんですが、1回一通りやってしまうと「な~んだ」って感じですよ!
      小さいパーツも大きいパーツを抜く時と大体同じなんですが、使うレジンが圧倒的に少ないので良く余りました(笑)。
      気が付けば6年も経っていて(レジン複製に挑戦してから)、データのサルベージに時間が掛かりそうですが、
      何か使えそうな写真とかがあったら載せてみますので気長にお待ち下さい(汗)。

      そうそう、レジン複製をするなら圧力鍋で作る脱泡器は絶対に準備しておいた方がいいです!
      簡単に作れるわりに抜群の働きをしてくれますよ(^^

テキストのコピーはできません。