【全力で修理】マッハドライバー炎が壊れたのは「なぜ」か

今回の記事はマッハドライバー炎を修理したい人向けの内容です。

本題。

事の発端といえば、劇中のチェイスがマッハドライバーをグーで叩いてシグナルバイクをセットするので、それに感化された息子も同じ様に数ヶ月に渡りほぼ毎日グーで叩き続けた。その結果、某日夕方「ぅ!・・・うわあぁぁぁ・・・!!」という声と共にホルダー部分がブラ~ンという感じに破損した。ホルダーの裏側にあるストッパーが根元から折れたようで、上下にどこまでも動く状態だった。極め付けは、ベルトを振るとカラカラと異音が。・・・チェイス~(苦笑)。

▼ストッパーが無いホルダーはどこまでも動いた。回し過ぎると配線が切れるので気をつけて。
ankd

バンダイの交換・修理窓口へでは良い返事が貰えなかったんだ。「すでに生産終了後、日時が経過し、商品・部品ともに在庫のご用意がございません。そのため修理をお受けすることができない状態でございます」との返答。むむ~。もう一個買うか・・・?とも考えたけど、定価かそれ以上の値段でしか売られていないので踏みとどまってみた。何年か経てば流石に値崩れするだろうが。さて、どーすっかな~・・・。

と、ぼんやり考えていると、傍らのママさんが『おもちゃのお医者さん』っていうのがあるらしいよ?ボランティアでやってるみたいで、パーツ代を払えば直してくれるみたいよ?頼んでみたら?』という提案してくるので、「そういうのに頼むなら自分でやるよ(笑)」と僕の脳細胞が突然トップギアに入ったんで全力で修理することにした。いくぜベルトさん!(AM2:00)。

▼問題の場所はここだった。写真にある2本の突はベースのプレートと一体化していて、それが2本とも根元から折れていた。とりあえず瞬間接着剤で仮止め。
brk_01

▼2本の突起に付けるパーツは無傷だった。作り的には突起部分にこれを被せて上からビス止めする感じだった。
brk_02

▼通常はこんな感じになってる。※横から見た図です。
brk_03

▼今回の破損はこんな感じ。
mdsspgz_01

▼で、考えた。長いボルトを通してしまえと。
brk_04

▼オレンジ色部分は瞬間接着剤を付けた部分。
mdsspgz_02

▼実際に使った修理部品はこれ。ボルトはMini-Zから、ナットはmicro-Tから。何ミリのやつかを測っておけば良かった(^^;。
brk_05

▼取り付け位置の真下には基盤があって、ボルトが長いと突き破ってしまうので・・・
brk_06

▼ボルトは裏側から差し込むよ。
brk_07

▼ビシッと金属の芯が通ったことで強度がめちゃアップした。
brk_08

▼いけたんじゃね?ハーレー博士になれたんじゃね?と組上げたら、ボルトが長すぎたらしく白い部分に当ってしまい、ホルダーが閉じれなくなってしまった。
brk_09

▼ほ~、というわけで長すぎるボルトを短くする。やる事は簡単。切る、もしくはスペーサーをかませる。僕はナットをスペーサー代わりにしてみた。スペーサーを入れた状態でもボルトの頭が基盤に当たらなかったのは日頃の行いか。
brk_10

よっしゃー!直ったーー!!

ってあれ?待機音が鳴らない・・・もしかして断線させちゃった?

▼喜びも束の間、よく見ると待機音スイッチが一部欠けてる。こんな所普通欠けるか?(^^;
brk_11

▼スイッチの欠けた破片はどっかにいっちゃってたので、押す側にビスを挿して延長的対応。※スイッチにさえ届けばビスじゃなくても良いはず。
brk_12

▼というわけで今度こそ修理完了!(^^。ヘコみまくって眠った息子の枕元にベルトを置いて寝ます(笑)。
brk_13

▼オツカーレ!
fffmd

▼楽天で見る

▼Amazonで見る

スポンサーリンク
sponsored link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 小松 より:

    マッハドライバー故障について
    台座回転にて音を発しない症状でした。
    紹介事例の通りで、待機音系スイッチ一部欠けていました。対策も同様ビスを挿して
    動作可となりました。
    ありがとうございました。感謝!!

    • アネロン より:

      欠ける前のスイッチの形が気になるところですが、
      あそこはもっと耐久性のある部品で作って欲しかったですよね。
      あのスイッチを実際見た方ならみんな感じると思います(^^;

      先ずは修理オツカーレ!です。
      ハーレー博士になれましたね(^-^)

  2. ckパパ より:

    参考にさせて頂きました。同じ症状でしたが、待機音系のスイッチの内部の金属片が
    紛失しており今日のところは完治できませんでした。折れたプラスティック部品は
    奇跡的に本体内に静電気でくっついていましたが、これを使って修復は難しいですね。

    ビスを挿す方法が最善のようです。

    ビスを指しても音が鳴らない場合はピンクと灰色のケーブルをドライバーなどで
    一時的に結線してみてください。待機音が鳴ります。

    それにしてもこのつくりは欠陥品としか言いようのない構造でした。

    • アネロン より:

      どもども、お疲れ様です!少しでもお役に立てれば幸いです(^^

      欠陥とも思えるあそこの構造は、抵抗の少ない(力が要らない)スイッチを使ったのが
      却って仇になったんでしょうね。誰が見てもあの作りは唸ると思います(苦笑)。

      スイッチの欠け具合はそれぞれのドライブピットで違うと思うので、
      微調整が出来るビス挿しはオススメです。代替えの金属片見つかるといいですね(^^

  3. メグ より:

    全く同じ症状でした。先日、誕生日に中古を購入した日に壊れて絶望感いっぱいでしたがなんとかハーレー博士になれました!(笑)未だにドライブ熱が冷めない息子なので母頑張りました!!待機音スイッチは破損してなかったですがかなり緩くなってしまってなかなか音が鳴らず苦労しました。。ここのページしか参考例がなく本当に助かりました!ありがとうございました!!

    • アネロン より:

      メグさん

      こんにちは!
      微力ながらお役に立てたみたいで良かったです♪
      いや~、母は強しですね・・・。
      マッハドライバーを修理しちゃったママさん初めて見ました!(^^。
      こちらこそ貴重な体験をさせていただきありがとうございました。
      待機音、僕も大事だと思います(笑)

テキストのコピーはできません。